9月に入り、ずっと楽しみにしていたサンダースペリー 化粧品の工場見学に行ってきました。

ますます、アロマとハーブの力に驚かされました。会社としての姿勢も素晴らしく。新たな世界が広がったような感覚です。
またこのときのことは、別の機会に書いていこうと思います。

前回の続きです。
クレンジングにプチグレンが入っている…まずここに驚いた私。
実際に使ってみたい、と手にした時はちょうど花粉の時期で、かなり肌が敏感になっていました。
だからか、クレンジングを使うと、とにかく乾燥がひどく…
後で気づいたのですが、私のお手入れが超手抜きだったせいで、全く肌に水分がない状態。乾燥がひどいのは、そのせいでもありました。
しばらく使うのをやめて、肌が落ち着いてから使うことに。

ですが香りは人工的な感じはない。レモンのクレンジングを選んでいましたが、この香りにとても癒されて。「これはやっぱりダメ」と諦める気は全くなく。
その後、使えるようになりましたが、相変わらずの手抜きお手入れ。
クレンジングは使いますが、そのあとは手作りのジェルとクリームだけ。
それでも、私がアロマで作ったジェルとクリームなので、なかなか肌の調子は良かったんです。これで十分♡なんて思ってました。

ある日、シャンプーとトリートメントもいいと聞いて、ヘアケアを一度試してみたい、と思い、サンプルとして使わせてもらいました。
そのときの衝撃がすごくて…今だにこの話はたくさんの方にするのですが。

トリートメントを使おうと思い、髪になじませたら…
「うっ!!この香り!!アレが入ってるの???」
フツーのトリートメントならもっと甘い香りがするのに、これは違う。
この香り、あの精油?あの精油???
なんでこれを使うのかさっぱりわからず、とりあえずトリートメントを終え、調べてみたら、やはり思った通り…パチュリが入ってました。

パチュリといえば、冷えむくみに効果的ということで、下半身のボディトリートメントでよく使うのですが、この香りがちょっと苦手とする人も多い精油です。
なぜこれ使うんだ?ヘアケアに。
トリートメントといえば、毛先にしっかり付けて…が普通だし。

で、早速聞いてみると、このトリートメントはしっかり地肌を揉み込むようにつけてください、とのこと。
頭皮のマッサージもしながら、のトリートメントでした。
頭皮の血流を良くするためか…とわかりました。

やっぱり、精油の使い方がフツーの化粧品会社とは違う。
ヘアケアのトリートメントなんて、特に女性に好まれる香りをチョイスするはず。
パチュリは苦手という人も多いし、これを使うあたり、かなりこだわってる!って思ったんですよね。

気になる!!この化粧品!

だけど、お顔のお手入れは、超テキトーが抜けません。
サンダースの化粧品は
①クレンジング→②オイルマッサージ→③クレイパック→④ローション→
⑤クリームの5段階が基本のお手入れ。
なかなかこれはできませんでした。
そこまでしなくても、作ったジェルとクリームで十分だったし、超楽チンだし。これは私のこだわり。

でも、この意識をぶっ飛ばすことがありました。

続きます。

ウワサのトリートメント♡今ではこの香りが大好きです。