昨日は、アロマ数秘術講座でした。
パート③とパート④。
パート④は、チャクラの話がメインとなります。

毎回、過去の自分を少し思い出しながら話しています。私は、子どもの頃アルコール依存の父を見て、その環境で育ったのですが、小さい頃から、逃げたくても逃げられない環境で、でも小さな私はここでしか生きていけない、という意識もあり、とにかく、何も言わない子どもでした。
おそらく、小さいながらに、もう人生をあきらめているようなところがありましたね。

なので、やりたいことなんて結局は何もできないだろうし、そんなことを思うこともムダだと思っているし。
「どうせ、欲しいものを言っても叶えられない。」そんなことを感じていて。

母もお酒を飲んで暴れる父のことで、頭がいっぱいで、子どもどころではなかった感じでした。
第2チャクラのところでいつも話すんですが、このチャクラは、親、特に母親とのコミュニケーションを司るチャクラなので、幼少時代、親からの愛情をしっかり受け取られなかった人は、このチャクラが動いていない、弱い感じがあります。

私は最初、このチャクラがほぼ回っていない状態でした。
ここが弱いと依存になる傾向があります。
親から(特に母親)の愛情を受け取れてなかったために、他へ求めようとします。買い物依存、アルコール依存、恋愛依存…

このことを知ったとき、若かった頃の私は、まさしくその通りだったと思いました。そこからチャクラを学び、いろんなことが腑に落ちたんですよね。

幼少時代に傷ついて、いろんなことを我慢して生きていると、大人になっても生きづらくなります。インナーチャイルドを癒す、ということに繋がっていくのですが、こういう方は第2チャクラが、まずテーマだったりします。
そして、第3チャクラ、第4チャクラ、第5チャクラにも関係していることがわかってきます。

チャクラの話は毎回いろんな気づきがあって、深いです。
チャクラとアロマ。そしてチャクラと数秘が繋がっている話も。

アロマ数秘術講座は、アロマと数秘だけではありません。私がずっと学んできたインナーチャイルドの話がかなり出てきます。必要な人に学んで頂きたいと思っています。